« 神野美伽ふれあいコンサート | トップページ | ケンミンショー »

たなばた

夜空にキラキラときらめく天の川。
その川のほとりでは天の神さまの娘「おりひめ」が、美しいはたを織っていました。

天の神様はそんな娘がとても自慢でしたが、おりひめははたを織るのに一生懸命で、自分の髪や服をかまおうともしません。
そんな姿をかわいそうに思った天の神様は「おりひめにふさわしいむこを探してやろう」といい、あちこちを探しまわりました。天の神さまはおりひめの結婚相手に、牛の世話や畑仕事に精を出し、休む間もなくまじめに仕事をしているひこぼしを選びました。

おりひめとひこぼしはお互いにひとめで好きになり、とても仲の良い夫婦になりました。
しかし、それからというもの二人は遊んでばかりでちっとも仕事をしようとしません。機織りの機械にはほこりがかぶり、ひこぼしの飼っていた牛もえさをやらなくなったのでだんだんやせてきました。心配した天の神さまが注意をしてもふたりは「はい。わかりました」と答えるだけでまったく仕事をしようとしません。

怒った天の神さまはおりひめを天の川の西へ、ひこぼしを天の川の東へとむりやり引き離し、二人は広い広い天の川をはさんで別れ別れになり、おたがいの姿を見る事さえできなくなりました。

それからというもの、おりひめは毎日泣きくらすばかりで、まったくはたを織ろうとしませ。ひこぼしも家に閉じこもってしまい牛の病気はますますひどくなるばかり。

困った天の神さまは二人にいいました。「おまえたちが前のように毎日まじめに働くのなら、一年に一度だけ二人が会うのを許そう」

その言葉に、おりひめとひこぼしは心をいれかえてまじめに働き始めました。
一年に一度、そう7月7日の夜にあえることを楽しみにして…。

待ちに待った7月7日の夜になると、おりひめとひこぼしは天の川をわたり一年に一度のデートを楽しみます。しかし、その日に雨が降ると川の水かさが増して川を渡ることができません。すると、どこからかカササギという鳥の群れがやってきて天の川の中に翼をつらねて橋となり、ふたりを会わせてくれるのでした。

めでたし めでたし。

Cimg8853_4750

|
|

« 神野美伽ふれあいコンサート | トップページ | ケンミンショー »

管理人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神野美伽ふれあいコンサート | トップページ | ケンミンショー »